« メイパパのおとうさん | トップページ | うじゃうジャックな週末 »

2008年6月 2日 (月)

術後のメイ

メイママです。

暖かいコメントをたくさん頂きまして、ありがとうございます。
メイ家は”いつもどおり”を目指して、ユルユルと動き出しております。

ところで、避妊手術後の様子を書いてませんでしたね~。
ちょっと長くなりますがお付き合いを(^_^)

Dsc05445手術翌日の21日、感動の再会を期待して夕方病院に行きました。
「元気にしてましたよ~」の声と共に奥から出てきたメイ。
見たことないくらい興奮しておりまして・・・向かえに来たのが嬉しいのか、病院を出られるのが嬉しいのか。
先生いわく「メイちゃん、喋るように鳴くんですね」だって。
きっと待っている間、文句タラタラだったんでしょう。

摘出した子宮や卵巣、見せてもらいながら経過説明を受けました。(結構平気なんです、私)
肥大していないながらも成長していたこと、それに伴って出血もやや多かったこと。
止血剤のことや痛み止めに麻薬を2種類使ったこと、術後には点滴も・・・等など。
お医者さんは医学的検知や経験値に基づいて話しをしてくれます。最終的には飼主が決めるわけですから、それなりに聴く耳を養わなきゃな~と改めて感じました。
正直に言うと最初は病院を選んで望んだわけではありませんでしたが、麻酔の覚めや術後のメイの様子を見ている限り、手術前に説明された手術方法で良かったんだな~と思っているところです。

傷口を舐めないらしくエリザベスカラーの必要無し。
先生が「腸の為にもお散歩はOKですよ♪」と言ったのが聞こえたのか、病院の周囲をテケテケと上機嫌でお散歩。

帰宅後は食欲も変わらず、病院から処方された高カロリー缶詰をペロリ。
回復力は目を見張るものがありますが、病院から自宅に戻って緊張から開放されると様態が変わるかもしれないから注意して下さいねとのことだったのですが、まったく変わりなしでした。

避妊手術について考えている飼主さんは多いと思いますが、犬種や気質によっても方法が変わってくるようです。
手術内容とか費用とか、納得した上でお任せすることが出来ればGOODですよね。

Dsc054785月30日。術後10日のメイのお腹です。

Dsc05488こっちは同日、抜糸した後のお腹です。

メイだワン。なすがまま~。


・・・これからの方に参考になったかな~?
メイママ



メイママのように自転車通勤にしようかなと悩み始めた方、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログへ ←犬ブログ

←人気 blog Ranking

|

« メイパパのおとうさん | トップページ | うじゃうジャックな週末 »

コメント

メイちゃん、お腹の手術の跡が痛々しいです。
エリザベスカラーがいらないなんて、いいコなんですね。
メイちゃん、後はどんどん元気になるだけダッ・・
早く傷跡、治るといいね。
我が家も今年は具体的に考えなくては・・・そう思うこの頃です。
遅くなりましたが、お父様のこと心よりお悔やみ申し上げます。
文章の端々に、いいお父様であったことを感じ取れます。
あちらに行っても、きっとメイ家を見守ってくださっているんでしょうね。
お父様のご冥福を心よりお祈りいたします。

投稿: 小梅はは | 2008年6月 3日 (火) 00時08分

メイちゃん、傷口が痛々しいけど、堂々とした貫禄に
脱帽ですわ。傷口も舐めないなんて、なんて飼い主孝行なんだ!
そらなんて、足にちょっと傷ができただけで1時間くらい
念入りに舐めちゃいますよ。
つくづく、女子は堂々としてていいなぁ。

投稿: peco | 2008年6月 3日 (火) 00時22分

こんにちは、メイママさん
メイちゃん、傷口がほんと痛々しいですね
男の子の去勢手術より傷口が大きいんですね
ワンコも女の子のほうがいろんな面で強いですね

手術となると大変だけど、これでいろいろな病気になる可能性が少しでも減ると思えば飼い主さんにとってもワンコにとってもよい選択ではないかなと思います
  

投稿: kotecchan | 2008年6月 3日 (火) 00時59分

うぅ、傷口が痛々しいわ・・・。
傷口舐めないお利口さん。 きっと治りも早いでしょう。
これで病気のリスクが減るのだから、避妊も選択のひとつ。
パートナーと長く暮らしたいですものね。
我が家も予定変更で9月頃になりました。

メイちゃん今のうちにパパ・ママさんにめいっぱい甘えちゃおうね。

投稿: kurige | 2008年6月 3日 (火) 09時39分

メイちゃん全摘だったんですねぇ~
血管も少し太めだったかな?

でも抜糸後の傷きれい!!
エリマキトカゲにならなくてよかったね(^^)
らふぁみたいに、自分で抜糸もせず、
大したもんだ!!

そうだね!手術内容に関しては事前にいろいろ教えてもらえると、こちらサイドも、ある程度勉強できるから、事前説明ある病院は、いいよね!!

投稿: ちーまま | 2008年6月 3日 (火) 19時14分

傷口は痛々しいけど、やっぱりウチの2匹に
比べたら全然小さい傷口ですよ。
良かったね~
蘭はどうすっかなぁ・・・何度やっても
迷う(悩)

投稿: なお | 2008年6月 3日 (火) 23時36分

■小梅ははさま
メイパパったら、当初映倫に引っかかるんではないかという程の傷口画像を載せようとしましたんで。。。
しかし、可愛そうだった日々は何処へやら、全快満開のメイの姿は近日公開なり♪

義父について優しいコメント、ありがとうございます。
遺品から生前の行動を知る日々が続いていて、そうだったんだ~と関心することが多いんですよ。

■pecoさま
数えてみたら、10箇所縫合してましたね。
カラーをして家中ぶつかりながら歩くメイを想像してたんで、ちょっと拍子抜けだったりね。

そらちゃんは綺麗好きなんじゃないでしょうか。
そして完璧主義!
モテ男の典型的なモデルっすよ。

■kotecchanさま
ご無沙汰しておりました。
傷口、黒い糸で縫合するので、余計に目に入るような気が。
そうそう、どの世界でも女性の方が大変ですよね~~~。。。

人間が改良し続けているワンコなんで、やっぱり最後まで人間が面倒見なきゃいけませんよね。
ワンコにとっての幸せやら苦痛の避け方やら、考えなきゃいけないことも山ほど。
なにより、みんなで幸せに暮らせるのが一番ですよね。

■kurigeさま
傷口をあまり舐めなかったメイ、ほんと助かりました。
舐めそうになったときは「ヴゥ~~~」って唸ると止めましたね。(参考までに)

そっか~~~、決戦は9月なんですね。
夏は避けたほうがいいって聞いてましたから、さすがの判断です。

■ちーままさま
どもども。。。
そう、全摘です。
理想は金曜に手術して土日に監視するっていうのだったんだけどね、せっかく検査したからそれを生かして決行しました。

それにしてもワンコを家族にするって重大責任だね。
今更ながら安易に飼っちゃいかん!って思うよ。

■なおさま
小さいんですね、この傷口。言われるまで気が付かなかった。。。
そっか~~~だから復活も強烈だったかもね。

8日、参加しますか?そのときにじっくりとお見せいたしますよ♪

投稿: メイママ | 2008年6月 5日 (木) 12時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/459130/21094604

この記事へのトラックバック一覧です: 術後のメイ:

« メイパパのおとうさん | トップページ | うじゃうジャックな週末 »